ノミ予防にご協力ください!

ノミ被害者が増えています

ノミに感染したワンちゃんネコちゃんが増えています!

 

滅多にお散歩に行かないワンちゃんや室内飼育のネコちゃんでも、感染の機会はゼロではありません。

 

室内で飼っているからノミ予防なんてしたことないっていう ワンちゃんネコちゃんが、実際に被害にあっています。

飼い主さんの靴の裏にノミが付いてくることもあるのです。

 

当然、診察台は毎回キレイに拭きますが、動物病院へ来る道の途中や、待合室で診察を待っている間に感染することもあるかもしれません…!

 

ノミアレルギーのコは、ノミが1匹付いただけでもひどいかゆみを起こし、背中がボツボツと赤くなります。

かわいそうなのは、感染したワンちゃんネコちゃんです!

 

ノミは人も吸血したり、サナダムシを媒介したりしますし、家の中で大繁殖すると、お掃除も大変です。

吸血したノミは1日50個の卵を産み、寝床やジメッとした場所で幼虫になります。約3週間で成虫になり、また吸血し、産卵し、どんどん増えていきます。

 

かもい動物病院でトリミングやホテルを利用される患者さんは、ノミダニ予防(1か月以内に投与)・混合ワクチン(1年以内に接種)・狂犬病ワクチン(1年以内に接種)が必須条件になっておりますので、ご協力お願い致します。